Skip navigation
Share via:
This proposal was moved to: 2015 Proposal Workspace 2018

Pitch

ちょっとした移動で車を使う代わりに歩く、などのエコ行動を促進するために、ゲーム要素に基づいたインセンティブを与える。


Description

Summary

気候変動の大きな要因として、地球温暖化が挙げられますが、地球温暖化は、CO2の排出を減らすことによって食い止めることが可能です。 では、一体何をすればCO2の排出を減らすことができるでしょうか?

方法は色々あると思いますが、私達は移動手段に注目します。ちょっとそこまで買い物に行くのに、車に乗るのをやめて歩く。1人1人が小さな行動を起こすことで、CO2の排出は確実に減らせます。

そこで、私たちはスマートフォンを使った、エコ行動促進アプリを提案します。このアプリでは、ユーザが移動手段として徒歩や自転車を選択するたびに、ユーザに報酬を与えます。

つまり、報酬というインセンティブを与えることによって、ユーザはエコ行動を自ら進んで行いたくなるような仕組みをデザインするのです。

・The Use of Games as Extrinisic Motivation in Education

http://dx.doi.org/10.1145/2702123.2702282

勉強の課題をやると課金アイテムをもらえるようにしたら、成績が上がったという研究があります。特に日本人は、コツコツした作業を好む傾向があり、このようなアプリは日本人にマッチするのではないでしょうか?

私たちの考えるアプリは、2つ。

1.近年流行りのスマホゲームをベースとしたエコアプリ「エコウォーカー(仮)」

エコウォーカーは、あなたの歩数や移動距離をカウントし、それに応じてエコポイントを付与します。手に入れたエコポイントは、あなたのエコパートナー(電子キャラクター)を成長させたり、エコパートナーとのエピソードを読むのに使用できます。成長したエコパートナーを、友達のエコパートナーと対戦させることも可能です。

2.歩きや自転車で店まで行くと買い物や食事が割引されるエコアプリ「エコ割引(仮)」

店側は、このアプリを用いて広告(クーポン)を出すことができます。消費者は、歩きや自転車で店まで行き、クーポンを提示することにより、買い物や食事の値段から割引を受けることができます。割引率については、店までの歩数や自転車での移動距離に応じて算出されます。

あなたも、ちょっとした移動に車を使うのをやめて、歩いてみませんか?

 

メモ

どちらにも取り入れられそうなアイデア

・周りの人、友だちをゲームに誘うしかけ 

・既存品とのタイアップ、既存の人気ゲームやNike+のようなランニングアプリなどと

・歩くとなると、やはり天気が気になるので、気象レーダーものせる 


Which proposals are included in your plan and how do they fit together?


Explanation of the emissions scenario calculated in the Impact tab


What are the plan’s key benefits?

多くの人がエコ行動をとることにようになる


What are the plan’s costs?

どのようなものをベースにするのかによるが、

・アプリケーション

・ポイントカード

などの開発コスト


What are the key challenges to enacting this plan?


Timeline


Related plans


References